志乃ざきの当たり前
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
森のうなぎ
新たな試み
当店では入荷のある日のみ、「森のうなぎ」を使用した商品を数量限定で販売いたします。「森のうなぎ」は岡山県の北東端にある西粟倉村の旧小学校で育てられており、無投薬のオーガニック養殖のため、安心・安全です。比較的さらっとした脂と肉厚でふっくらとした身が「森のうなぎ」の特徴です。
志乃ざきの歴史
志乃ざきの歴史

昭和12年、女将であるきくの名をとり、「きくや」として創業。当時は食堂でした。昭和16年頃から天然のうなぎを扱いはじめ、終戦後の昭和22年にうなぎ専門店としての営業がはじまりました。志乃ざきの原点になります。

志乃ざきの歴史

うなぎをさばいて仕込みをしている初代源太郎の写真。こんな間近で見ることができました。子供の真剣なまなざしが包丁さばきのすごさを物語ります。

志乃ざきの歴史

改装工事の様子、そして二代目誠治のころのお店の様子です。この頃の写真は現在の面影が感じられるかと思います。ぜひ現在の外観を見比べていただければと思います。

  • 志乃ざきの歴史

    店内の様子です。現在がどれだけ変わっているか、見比べていただくと歴史を感じられるかもしれません。

  • 志乃ざきの歴史

    昭和34年頃から志乃ざきではうなぎの供養を行うようになりました。写真は浅川土手で供養をあげている様子です。

志乃ざきの歴史

三代目当主 篠崎賢治